爺ちゃんのカメラ漫歩

setuojiji.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 18日

9月の田園

久方ぶりに訪れる故郷、田圃ではたわわに稔った稲の収穫作業、丘稜地帯の畑では自然が
描いたアートが見れ、また収穫を終えた作物の殻の焼却する煙が漂っていた。  9月15日

★ たわわに稔った黄金色の稲、今年は実入りが良いとのことであった。

e0104567_11323471.jpg

★ 昔は稲株を一株づつ鎌で刈り取っていたものが今では大型コンバインで刈り取りから籾ま
  で一人で仕上げている。

e0104567_11332291.jpg

★ 収穫を終えた畑、青々とした緑は秋蒔き小麦か、森の濃い緑、遠くに夕張岳の頂きが霞ん
  で見える、自然が描くアートが美しい。

e0104567_11352426.jpg

★ 収穫を終えた畑で作物の殻を焼く煙があちこちにたなびく。

e0104567_1136215.jpg

[PR]

by setuojiji | 2014-09-18 12:54


<< 、      ' >>