爺ちゃんのカメラ漫歩

setuojiji.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 02日

手稲山山頂の樹氷 その2  07,1,2

☆あまりにも美しい景観なので次の映像を掲載いたします。
◆樹氷の後方に見る1本のテレビアンテナも氷雪が付着して燦然と輝いている。
e0104567_16524051.jpg

◆樹氷の中の雪の起伏が美しい。
e0104567_1657686.jpg

◆下から先端まで雪の化粧をしたテレビ塔中間の朱が目を引く。
e0104567_173384.jpg

◆樹氷の間から見るテレビ塔群が皆雪のお化粧をしている。
e0104567_178652.jpg

◆樹氷の中を楽しむスキーヤー。
e0104567_17133614.jpg

[PR]

# by setuojiji | 2007-01-02 17:15
2007年 01月 01日

手稲山山頂の樹氷  07,1,1

★ 85歳の人生を完走でき新しい年を迎えることができ感謝の気持ちでいます、これからの人生を健康に留意して好奇心をもり立てて歩みたいものと願っています、31日天気が良いので手稲山にケーブルカーを利用して山頂駅に、外に出た途端に見事な樹氷群を目にして感嘆の声を上げました、見事な映像を送ります。
◆山頂にある手稲山神社の社はカマクラの中に鎮座しているようでした。
e0104567_11243636.jpg

◆見事な樹氷後方に見える山は春香山か?。
e0104567_1129295.jpg

◆テレビ塔も氷雪が付着して美しいコントラストを醸し出している。
e0104567_115017.jpg

◆樹氷の中に木肌を現している白樺の1本が目を引きつける。
e0104567_11553234.jpg

[PR]

# by setuojiji | 2007-01-01 12:03
2006年 12月 22日

初冬の石狩海岸点描 その3  06,12,22

◆ 石狩灯台に近い海浜は荒涼とした草原が広がり寂寥感を漂わせていた。
e0104567_14411249.jpg

◆ 石狩灯台の遊歩道の標識と灯台の石碑が訪れる人とて居らず淋しそう。
e0104567_14524532.jpg

◆ 樹木には冬囲いの菰が巻かれ「どんと来い風雪」と身構えていた。
e0104567_1512370.jpg

◆ 灯台のあるところから堤防をを挟んで恵庭岳連峰が遠望できた。
e0104567_155290.jpg

◆ 石狩川旧渡船場には漁船も釣り人も居らず雪の白さのみ。
e0104567_159344.jpg

[PR]

# by setuojiji | 2006-12-22 15:19
2006年 12月 20日

初冬の石狩海岸点描 その2   06,12,20

◆石狩新港中央埠頭港内に停泊中の大型船
e0104567_11184250.jpg

◆シーズンの役目を終えて陸揚げされた漁船と停泊中の漁船
e0104567_112318.jpg

◆漁を終え停泊中の漁船群
e0104567_11254738.jpg

◆来年のシーズンを待つ漁船群
e0104567_11295643.jpg

[PR]

# by setuojiji | 2006-12-20 11:33
2006年 12月 19日

初冬の石狩海岸の点描  06,12,18

天候は曇り時々晴れの予報、根雪も大したことがなさそうなので石狩新港の樽川埠頭から中央埠頭、東埠頭を経て石狩灯台、石狩川の旧渡船場までを写材を求めて走り回りました、シーズン中は各埠頭とも沢山の釣り人が群がっていたものがわずか4組を数えるのみでした、石狩灯台付近は荒涼たる雪原の様相が寒々とした寂寥感に打たれました。
◆防寒具で身を固めた釣り人がひたすら釣果を待つ。
e0104567_10474817.jpg

◆岸壁のブロックの凹凸が目を引きつける。
e0104567_10564089.jpg

◆港の倉庫群の後方にテレビアンテナ群が立つ手稲山山頂が望見される。
e0104567_1145284.jpg

[PR]

# by setuojiji | 2006-12-19 11:11